土曜・日曜も夜まで診療

診療時間:9:00~13:00 / 14:00~18:00

休診日:水曜・祝日 ※日曜は不定休

お電話でのご予約はこちら

最終受付は17:30までとなります。

WEB予約は24時間受付中!

予防歯科

prevention

予防歯科とは?

予防歯科とは、虫歯や歯周病になる前に、歯科医院で検診やケアを受けて発症を防ぐことを言います。

具体的に行うのは、定期的な歯や歯茎の検診、歯垢・歯石の除去、歯磨きの指導、フッ素の塗布などです。

日本ではまだ、歯や歯茎に異常が出てから受診する人が多くいますが、虫歯や歯周病が進行してからでは、大切な歯を削ったり、最悪の場合は失ったりする恐れがあります。

また、重度の虫歯や歯周病は、細菌が血流に乗って全身へ運ばれ、違う病気を誘発することもあります。
このように深刻な状態にならないよう、歯や歯茎の健康を維持するのが予防歯科の役割です。

また、万が一異常が見つかった場合でも、ごく初期の治療で済むため、通院回数や費用を少なく抑えられるというメリットがあります。

口腔衛生

目次

予防歯科の内容

歯科医院で行う予防歯科の内容は、主に以下のようなものになります。

虫歯・歯周病などの検査

予防歯科では、まず虫歯歯周病の有無、何らかの発症が見られる場合はその段階などを調べます。

虫歯も歯周病も初期の段階では自覚症状がなく、自分で異常を感じて受診する頃にはかなり進行していることも珍しくありません。

虫歯や歯周病の定期的な検査は、自覚症状が出る前に早期の治療をしたり、経過観察を行ったりするためのものです。

また、歯垢や歯石の付着、歯周ポケットの深さなどもチェックし、必要に応じて歯や歯茎のクリーニングを行います。

歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)

歯科衛生士

歯石は歯垢が石のように硬く変化した物で、歯磨きではなかなか落とすことができません。そこで、専用の器具を使って歯石を除去し、虫歯や歯周病を予防します。

スケーリングはスケーラーという器具を使って歯石を除去する方法です。主に手用スケーラーや超音波スケーラーなどを用います。

一方、歯周ポケットの中は歯のセメント質が歯石によって汚染されていることがあります。

この汚染されたセメント質を研磨してなめらかにし、歯石がつきにくい状態にするのが、ルートプレーニングという方法です。

歯のクリーニング(PMTC)

歯のクリーニング

PMTCとは、歯科医院で機械を使って歯をクリーニングする方法です。

スケーリングやルートプレーニングに加え、回転式の器具の先端を用途別に取り替えながら、歯と歯のすき間や歯の表面をきれいにしていきます。

PMTCを行うと歯ブラシでは落としきれない細かな汚れまで落ちるため、処置後は歯の表面がつるつるに感じる方も多いでしょう。

また、定期的に受けることで口腔内がきれいに保たれ、虫歯や歯周病の予防につながる効果を期待できます。

ブラッシング指導 (歯ブラシ指導)

模型による説明

歯科医院で様々なケアを行っても、毎日のブラッシングがきちんとできていなければ、虫歯や歯周病の原因となる歯垢が溜まってしまいます。

そのため、予防歯科には患者さんへのブラッシング指導も含まれています。

歯ブラシの持ち方、歯にあてる角度、磨き方や磨く強さなどは、一人一人にクセがあることが多いものです。

いつも同じ磨き方をしていると同じ箇所に磨き残しが出やすいため、正しい磨き方を指導して磨き残しを減らします。

フッ素塗布

歯磨き剤にも配合されていることの多いフッ素は、細菌によって酸性に傾いた歯を正常に戻す「再石灰化」を促進したり、歯質を強くする力を持っています。

予防歯科のケアでは定期的に歯にフッ素を塗布し、虫歯や歯周病の予防をします。この方法は小さいお子さんからご年配の方まで、幅広い世代に有効なものです。

フッ素の効果が持続するのは、大体3ヵ月くらいです。

3ヵ月おきを目安として、定期的にフッ素塗布を受けるようにしましょう。

定期歯科検診のメリット・デメリット

予防歯科は一言で言えば、定期的な歯科検診のことです。

大きな問題がないうちから通院することには、もちろん歯にとって様々なメリットがありますが、一方で患者さんにとってデメリットに感じられることもあります。

メリット

メリット

定期的に歯科検診を受けていれば、虫歯や歯周病になった時にも早期発見・早期治療ができます。

その結果、治療にかかる費用が高額にならずに済み、痛みなどによる身体的苦痛も軽く済みます。

さらに、歯をクリーニングすることによって、歯や歯茎の健康はもちろん、見た目の美しさも維持できます。

また、重度の虫歯や歯周病は、細菌が全身に及んで様々な病気を引き起こす恐れがありますが、検診で早期に発見・治療できれば、病気の予防にもつながります。

デメリット

デメリット

予防歯科という考え方になじみがない方にとっては、特に悪いところがないのに定期的に通院することを面倒に感じることもあるでしょう。

また、治療ではなく、主にメンテナンスに費用がかかることも無駄に感じてしまうかもしれません。

しかし、虫歯や歯周病がかなり進行した状態まで気付かずにいると、定期検診を受ける以上に通院回数や治療費がかかる可能性があります。

歯と歯茎、さらには全身の健康維持に必要なものと考えて、予防歯科を積極的に受診することをおすすめします。

歯科検診の頻度はどれぐらいが良い?

歯科検診は3ヵ月から半年に1回くらいの間隔で受けるのが理想的です。

歯垢や歯石を除去した後、毎日正しいブラッシングを続けていても、歯周病菌は3ヵ月ほどで増えてしまうことが分かっています。

また、フッ素塗布の効果も3ヵ月ほどで薄れてくるため、それくらいを目安に次回の受診を考えるとよいでしょう。

たとえ自覚症状がなくても、すでに虫歯や歯周病にかかっているケースは珍しくありません。

仮に1年間放置すると、重度の段階にまで進行してしまうこともありますので、何も問題がなくても半年以内には検診を受けましょう。

歯科検診の費用について

歯科検診には一般的に保険が適用されます。
虫歯・歯周病の検査、歯石除去、ブラッシング指導、フッ素塗布などに加え、レントゲン撮影、初診料または再診料などを合わせると、3割負担で約3,000円~4,000円程度です。

治療費用

予防歯科・歯科検診についてまとめ

歯を削ったり、神経を抜いたりした箇所は、二度と元に戻すことはできません。
大切な歯を健康なまま長く残すためには、早期発見・早期治療はもちろん、病気の発症を未然に防ぐことも大切です。

予防歯科や歯科検診は、歯と歯茎、さらには全身の健康の維持に非常に重要な役割を果たします。

まだ自覚症状がないという方や、これまで異常を感じた時にしか受診してこなかった方も、問題がないうちにぜひ予防歯科や歯科検診を受診してください。

トリートメント

診療内容

保険診療から保険適用外(自費)治療まで
幅広い診療内容を提供しています。

歯周病治療

歯周病治療

根管治療

根管治療

予防歯科

予防歯科

小児歯科

小児歯科

入れ歯治療

入れ歯・義歯

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

ホワイトニング

ホワイトニング

セラミック治療

セラミック治療

口腔外科

インプラント

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

口臭治療

口臭治療

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸

顎関節症治療

顎関節症治療

口腔外科

口腔外科

矯正歯科

矯正歯科

虫歯治療

虫歯治療

歯周病治療

歯周病治療

根管治療

根管治療

予防歯科

予防歯科

小児歯科

小児歯科

入れ歯治療

入れ歯・義歯

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

ホワイトニング

ホワイトニング

セラミック治療

セラミック治療

口腔外科

インプラント

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

口臭治療

口臭治療

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸

顎関節症治療

顎関節症治療

口腔外科

口腔外科

矯正歯科

矯正歯科

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約はこちら

9:00~13:00 / 14:00~18:00

初診の方専用WEB予約

医院情報

診療内容